マニュアルミッションのトラックが好き

私はトラックがとても好きであるが、特にこだわりを持っている部分がある。それはマニュアルミッションが好きという点である。

現行の日本車でマニュアルミッションが選択できる来るが自体が少ないのだが、それでもマニュアルミッションでないと嫌なのである。

これはこだわりというのもあるが自己防衛を兼ねている。もちろんマニュアルミッション車はオートマチックに比べて不便である、これは言うまでもないしそこに誇示するつもりは私はない。しかしこの不便さがよいのだと。

クラッチを踏みシフトを入れて反クラッチにして発信するこの不便さはある意味で安全である。

つまりその作業を常にするということは交通事故の元であるぼんやりしていたであるとか居眠りしていたということに陥りにくいのはメリットである。

免許を取りたての頃、気がそぞろになっていたせいで追突事故を起こした経験からマニュアルミッションなのだが、それ以来私は事故の加害者になることは全くなく15年近くになる。

それ以外にもマニュアルミッションのよい点は、トラックを運転している気分が特にあるのだ。

制圧感というのであろうか、暴れ牛に乗ったロディオライダーのようにトラックを押さえつけている欲求を満たしてくれるにはオートマチック車で300馬力のトラックよりも100馬力でマニュアルミッショントラックのほうがあると私は思う。

加速のフィーリングもマニュアルミッションで2速3速とシフトを動かす際のスパッとソリッドな感覚はオートマチック車には無いし、5速から2速までシフトダウンしてく際のエンジンの唸りもオートマチック車にはない。

もちろん自己満足でしかなし、そんなものはトラックを運転する日常に必要だとは思えないが、トラックを運転することが日常生活でしかないのであればその自己満足はどうでもいいものである。

しかしトラックの運転に楽しみを少しでも求めるのであれば、その自己満足は必要となる部分であると私は思う。

また、マニュアルミッションが選択できる車が少ないということはトラックを購入する際に選ぶ楽しみが減ってしまうと思われがちだが、その分走りに特化した厳選されたトラックにしかマニュアルミッション設定がないという点で、満足した車選びができるというのも私がマニュアルミッション愛好者であるゆえんである。

今さら時代遅れかもしれないが、マニュアルミッションに乗れない、乗ったことのない人生より一度でも所有して楽しんだほうが得だと思う。

今後どんなトラックに乗るチャンスがあるかわからないのに、オートマしか乗れないのでそのチャンスを逃してしまうのは何とも悔いが残るのではないだろうか。
トラック 査定

日産にお世話になっています。

免許を取って、5年目になろうとしています。
もともとは特に必要と思っていなかった免許ですが、
夫の転勤で田舎に引越したら、車がないと大変!と痛感しました。
働きながら娘を保育園へ預け、時間を見つけては教習所に通いました。
娘が2歳の時に免許を取得。
免許を取った翌日には、大雨だった上に仕事があったので、
さっそく運転したりしていました。
今は田舎ではなく、市街地へ転勤してきましたが、
軽自動車のコンパクトさがとても気に入っています。
今、愛用しているのは日産のモコです。
外見がコロンとしていて可愛いところが気に入っています。
旧型のモコに乗っていますが、新型のモコも可愛い。
今のモコは中古で購入したので、いつか手放す日がくるとは思いますが、
次に乗るのも、やっぱりモコがいいと思っています。
市街地に引っ越してきて思ったのは、
田舎に比べて、駐車スペースが狭いことです。
一台分のスペースが狭いだけでなく、駐車場全体のスペースが狭い!
何度も切り返しをしてしまうし、車体が長かったら、端まで意識が届かないかも・・・
といつも心配してしまいます。
とはいえ、ブロックやポールには何度か擦ってしまっている私。
やはりこれからも軽自動車愛用者でいようと、心から思います。
ちなみに、娘と私だけでの外出時には、モコを使って、
家族3人揃っての外出の時は日産のラフェスタを使っています。
夫の通勤もラフェスタです。
自動車税の高さには、閉口してしまいますが、
車内がとても広くて、居心地もいいし、荷物もたくさん詰めます。
自転車などの大きな買い物だって可能です。
1日がかりの長距離帰省の時には、後ろ2列をフラットにして、
ゴロゴロ寝ながら移動しました。
敷布団の端を少し折って、敷けるほどの広さです。
米90キロも、滞在中の着替えもおもちゃもなどなど、たくさん欲張っても、
寝ながら移動できてしまったラフェスタ、これからも大活躍の予感です。
もうすぐ家族が増えますが、買い替えはせず、このままの予定です。

車酔いと車への愛着

私は昔からずっと、大人になってからも、今でも車に酔ってしまうのです。車に弱いのです。自分で運転するのが、一番マシではあるのですが、体調がすぐれないと気分ものらず基本的にはあまり運転したくない感じで、助手席に乗っていても、よく酔っています。正直言って、ノッキングぎみの、運転が下手な人の車は一番苦手で、避けて乗らないようにしていたり、グループで車移動の時も、話しかけられると気を使い、酔って具合が悪くなるので、そう宣言して、ほっておいてもらったりします。
なので、自分で車を持とうと思ったことは一度もないのですが、家族の車に関しては、自分が所有の責任を負わないので、賛成はしますし、あれば自分もたまに運転します。

車に酔う…というのは、経験したことのない方はわからないと思うのですが、本当に気持ち悪く、頭も痛く、気分はダウン、、、なのです。
一番困るのは「大丈夫? いすを倒そうか? 窓を開けようか? お水がいい?それとかキャンディーいる?」とか。 話しかけないでほしい!!のです。話しかけるということは、答えを頭で考えて、せっかく心配してくれてるから、、と気を遣い、作り笑顔なんかしちゃって、うん、とか ううん、とか頭を振らなきゃいけないのです。よけい頭に鈍痛がうごめき吐き気こみあげちゃうのに、、、、。
そうゆう人、たまにいるので、有難迷惑なのですが、きっと車酔いを経験したことがないだろうし、私への優しさなので、ありがたいのですが、その感謝の気持ちはその時は返せないのです、どうかわかってくださいね。
あと、車酔いをしたことない人のよくある発言は、「お酒飲んで酔っちゃえば、車酔いわからなくなるんじゃないの?」という、お酒を飲んだらという提案です。
それはもう、考えただけで気分が悪くなるほど、あり得ません。車で気分悪い時にお酒を飲んだら、即グロッキーで、移動先に着いても復活なんてできないでしょう。

こんな、車酔いを未だにしている私なのですが、自宅で所有する車には愛着は感じます。
やはり車は、安全に家族を運んでくれる、ひとつのお部屋のような役割もしてくれます。
なので、車酔いは今後も直らないと思いますが、車に寄り添う気持ちを持って、たまにシートを掃除したり車体を拭いたりして、かわいがってもいます。

日産・マーチが大好きです

車にはあまり詳しくはないですが、日産・マーチが大好きです。シンプルな外見で、女性には人気のある車です。小回りもきくので、乗りやすいです。

運転免許を取り、最初に乗った車もマーチでした。車体は青で、シンプルな車体にその色が映えて、見ていて惚れ惚れしていました。その当時はカーナビが付いていなかったので、初めての場所に行く際には地図を助手席のシートに置いて、休憩で立ち寄ったコンビニで確認しながら運転していました。就職してからは、自家用車での出張が多く、かなりの移動距離がありました。その青色マーチには大学・大学院在学中から社会人5年目までの、約10年間乗っていました。

現在の愛車は2008年5月に購入した、こちらもマーチです。しかもその当時話題になっていた「サクラ」、いわゆるピンク色の車体です。購入の際に、薄いパールがかった緑と迷ったのですが、他のメーカーのピンクよりも上品そうに見えた「サクラ」に目が釘付けになり、こちらにしました。

このピンク色は、街中ではよく目立ちます。特にショッピングモールやアミューズメントパークなどの広い駐車場で、そのインパクトのある色が効果的です。この色のマーチに乗ってからは、まだ駐車場で迷子になったことはありません。また、当時の職場の駐車場にはモノトーンカラーの車が多かったのですが、その中でポツンと、ピンク色マーチがあると、それだけで駐車場に花が咲いたようでした。何度か友人を自宅近くの駅まで迎えに行ったことがありますが、このマーチですとすぐに見つけてくれます。

現在は結婚退職して、専業主婦となり、近所への買い物に出かけるためにサクラマーチに乗っています。この2代目マーチには初代にはなかったカーナビがついていますので、新しい街をナビ付でスイスイ走っています。そのうち、ナビなしで出かけられるようにしたいです。

タクシーもプリウスが多くなってきた

観光都市に住んでいる。車の数はかなり多い。中でも、大半を占めるのはタクシーだ。この都市、地球温暖化防止に向けての取り組みが盛んで、タクシーも「プリウス」。プリウスタクシーが多いのだ。そのタクシーだが、アベノミクスが始まって以来、景気がいいように思う。タクシーの待機場所はアベノミクスが始まる前、タクシーであふれかえり、何台も待機していたものだ。しかし、アベノミクスが始まって以来、タクシーのたまり場にはいつも数台のタクシーしかおらず、大通りでも、道を大きくはみ出しながら、タクシーを拾う人をよく見かけるようになった。バブルのころは、本当にタクシーが止まってくれなかったから、なんだかその頃を思い起こすような光景にも時々、出会うことがあるのだ。このまま、景気が続けば、タクシーの車の入れ替えも進み。電気自動車も投入されるようになるだろう。日産「リーフ」もたまに見かけるようになった。でも、断然はブリッドの方が多い。町の人たちもなぜかハイブリットのタクシーや電気自動車のタクシーには、優しい目を向けているようにも感じている。化石燃料は空気を汚すので、どうしてもそうなってしまうのであろう。更に、ハイブリットや電気自動車のタクシーは黒一色ではない。ブルーの場合が多いが、なんだか他のものとの選別しやすくなっている。街路樹もきれいなこの町には綺麗な色目の車が似合う。イチョウ並木、ケヤキ並木、桜並木、百日紅の木、そして紅葉。いつきても美しいと思う。車で町を走っていて楽しいと思える町だ。川沿いを澄んだ川の流れや白い水しぶきを横目で見ながらドライブするのもいい。改めて日本のすばらしさを認識させる空間だ。春はピンク、夏は濃い緑、秋は赤、そして冬は茶色かな。どの季節も本当に貴重な景色を生み出してくれる。観光できて、タクシーに乗って是非、散策してほしい。旅人たちの日常を乖離させる役目もタクシーはになっているのだから。